1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

「育ち」には「遊び」がとても大切である

先日行われました学園の作品展をご覧いただいたことと思います。いかがでしたでしょうか。わが子の作品をどのように見てくださいましたでしょうか。

 これまでに子どもの「育ち」には「遊び」がとても大切であることを中心課題としてお話してまいりました。「遊び」と言いましてもさまざまあるのですが、大人の頭の中では遊びと勉強、遊びとお手伝い、という具合にはっきりと分けて考えることしかできません。保育者の場合、遊びの本質を知らない人は一人もいないと思います。

保育士や幼稚園の先生になりたいと、一生懸命に勉強してきた人ですから。しかし、そうだからと言って日常の保育そのものが「遊び」を主体に置いたものになっているとはなかなか言えません。明治時代にはじまった日本の幼稚園教育は長い歴史のなかで「遊び」よりも「教育」に主体を置いたような道をたどってきました。いばらき大谷学園は幼稚園であった歴史の方が長かったので、認定こども園になっても以前の幼稚園教育が捨て切れないまま今日に至っています。

 さて、このことを踏まえて作品展の話に戻ります。基本的には「遊び」としての製作活動という視点をもっていなければならないと思います。ややもすると多くの親御さんは他の子どもの作品と比較して我が子の作品を評価したり、実際に我が子が作品の中で表現しようとしていることを観ていなかったのではないか。

例えば描いた線ひとつにも、小さな丸ひとつにも、子どもの思いや、発達の段階が見えているものです。だからこそ、子どもの表現したい思いを感じ取ったり、聞き取ったりして、その子の育ちを共感していくことが必要なのです。また、製作の技法として、描き方や色使いなどを気にします。

しかしそういうことよりも、子どもが描きたい、作りたいという気持ちの高まりが最も大切だと思います。だからこそ保育者は、作品を作る前の手立てを真剣に考える必要があります。描きたいという気持ちが高まると、興味を持って深く観察したり、想像したりします。描き始めた時は子どもの思いを見守っていく。

描くことが頂点に達すると、子どもは発見の楽しさを享受し、描き方を自分で工夫したりして学ぶ嬉しさを感じ取る等々、このことが絵画製作をはじめとした製作活動全体の「遊び」ではないかと考えています。 南無阿弥陀佛(輪番)

11月の一言
新型コロナウイルスの猛威
今年も報恩講の時期がやってまいりました。報恩講は真宗門徒にとって何よりも大切な御仏事とされてきました…。
▶全文を表示する

10月の一言
子どもにとっての「あそび」と「居場所」
子どもにとって「あそび」は、自分の意欲を満足させるものです。「今日は何をしてあそぼうかな」「〇〇ちゃんとあそびたいな」「あしたもここであそぼうね」。そのような…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

次回予定 10月・11月の婦人会は休会いたします。

毎月28日の親鸞聖人の御命日に茨木別院会館を会場として婦人会を開催しています。
茨木別院輪番が講師としてお話しています。
毎月異なるテーマでお話していますので途中からでも気軽にご参加いただけます。
みなさんのご参加お待ちしております。

教如上人御命日・同朋会

生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

茨木別院創建の教如上人の御命日を機縁とし同朋会を開いています。
人の身を受けた意義とはなんでしょうか。
人生の本当の喜びとはなんでしょうか。
宗祖親鸞聖人が顕かにされた本願念仏のみ教えに、宗祖に連なりみ教えを大切に頂かれた蓮如上人をはじめとする先人先達のお言葉に、共に訪ね聞いていきましょう。
どなたでも参加いただけます。
有縁の方々のご来院をお待ちしております。
【参加無料】

■日 程:毎月5日・午後1時30分から午後3時ごろまで(予定)
     ※1月5日は休会
■ところ:茨木別院会館1階仏間
■持ち物:念 珠・『真宗大谷派勤行集(赤本)』お持ちでない方には貸出しいたします。
■講 師:加藤 恵 氏(茨木市・教圓寺住職)

次回予定 11月・12月の同朋会は休会いたします。

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
2020年度の
練習予定日
1月 お休み
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月11日(月)
6月~9月 お休み
10月12日(月)
11月9日(月)・15日(日) 報恩講
12月14日(月)

このページのトップへ