1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。崇敬ご寺院様並びにご門徒の皆様方には、旧年中は何かとご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。そして2023年にお迎えする「宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年」に向けて、新たな歩みを進めて参りたいと存じます。 昨年末、恒例である今年の漢字が選ばれました。複雑な気持ちであるが、結果「北」であった。思い返せば、突然警報やJアラームが鳴り響き、何かと危うく騒がしい一年であった様に思える。 あの痛ましい戦争から73年の月日が経つ。私自身も激動の貧しい時代を経験してきたからこそ声を大にして訴えたい。核兵器のない、争いのない「平穏な世界」を願うのである。今この時代を「戦後」から、決して「戦前」にしてはならない。だからこそ人間の都合や独断で、憲法9条の改憲はあってはならないことである。 頑なな者同士がぶつかれば、必ずどちらも壊れるものであり、憎しみを生むところには必ず憎しみが生まれ続けるのである。大切なことは、真実なる仏の智慧(仏法)によって、人間の「暗闇」が照らし出され、そして互いに認め合うところに「和の心」の道が開かれるのであろう。 「世のなか安穏なれ、仏法ひろまれ」。親鸞聖人の御言葉が一層響くのである。 南無阿弥陀佛(輪番)

12月の一言
縁起の法
今年の9月22日付けの朝日新聞の「折々のことば」の欄に、東本願寺の宗祖親鸞聖人750回御遠忌の…。
▶全文を表示する

11月の一言
報恩講
いよいよ報恩講の時節となり、当別院においても、11月14日から16日までの二昼夜の報恩講が勤まります…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

次回予定  1月28日(日)

婦人会は毎月28日午後1時半より
婦人会例会では現在、「仏説阿弥陀経」をテキストにして学んでおります。
「阿弥陀経」はなじみの深いお経ですが、案外内容についてはあまり知られてない様に思います。
じっくりと時間をかけて共に学びを深めて行きたく思っています。
気軽にご参加下さい。

教如上人御命日・同朋会

次回予定 2月 5日(月)

同朋会は毎月5日午後1時半より

”真実の言葉にであいましょう”

人に生まれることは、本当にありえがたいことです。
仏さまは、私たち人間が一人でもむなしく終わることのないよう、尊い願いをたてられたのです。 この教えをだれにでもわかる言葉で表してくださったのが、蓮如上人(本願寺第八世)です。
蓮如上人のお言葉を聞き、真実の言葉にであってください。
『正信偈』や『歎異抄』にもふれながら学んでいきます。

講師:太田 髙顕

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
平成30年度の
練習予定日
1月 お休み
2月12日(月)
3月12日(月)
4月 9日(月)
5月14日(月)
6月11日(月)
7月 9日(月)
8月 お休み
9月10日(月)
10月15日(月)
11月 5日(月)
12月10日(月)
平成29年度茨木別院報恩講合唱曲 ①報恩講の歌
②ほとけはつねに
③咲に匂う
④糸
⑤雨降りお月さん

各法要の様子

3月20日(月)・21日(火)
春季彼岸会法要

このページのトップへ