1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

「意」の保育

今から30年も前のことになりますが、幼児教育・保育の研究者であります樋口正春先生のドイツ幼児教育研修旅行に参加する機会に恵まれました。10日間の日程でドイツ国内の幼児教育施設をいくつか訪問して、木で作られたオモチャをふんだんに取り入れた施設や、大自然の中でのびのびと保育されている施設なども訪問してきました。その中でシュタイナー教育を根幹とした自然および自然物を取り込んだ幼稚園に訪問した時のことです。ここで学んだことが、その後の私の保育観や保育人生を決定づけたことに出会いました。このシュタイナー教育で最も大切にしているのは, 戦前まで日本の教育の根幹となっていました、知・情・意の「意」にあたる部分です。

知 情 意 について少し解説しますと、
「知」とは「知性」のことで、知識や思考といった、物を活用すること。頭を使うことです。
「情」とは「感情」のことで、喜びや悲しみや怒りなどのこと。心で感じるということです。
「意」とは「意志」のことで、意欲や精神力のこと。決断するということです。

日本の教育は長い間この「知・情・意」を教育の根幹において、この三つの要素がバランスよく習得されて、人間というものを完成していくことが望まれ、日本の教育が進められてきたのです。戦後欧米の教育思想や教育方法が全面的に取り込まれて「知・情・意」の教育は消え去っていきました。  シュタイナー教育はこの「意」を最も大切なものとして幼稚園の教育の理念に置いていたのです。シュタイナー幼稚園で学んだことは、子どもたちがこれから長い人生を生きていくのに、今この時期に「意」を徹底的に身に着けておいてあげるのが幼稚園の使命であるということも学ばせていただきました。その理念に深く共感させられて、私がやっていくこれからの保育は正にこのことでないといけないとまで考えるようになり、それをひっさげて日本に帰ってきたのでありました。

 その後、すぐに実践できたわけでもありません。悶々とする何年間がありました。子どもの中にある「意」とは何か。子どもと戯れながら、じっと子どもの「意」を見つめるというか、探し当てることに没頭していました。そして「意」の中身とは何か。そしてその「意」をどうして養うか(保育方法)をおおよそ探し当てることができた時点で、その保育のことを私自身「意の保育」(私が勝手に決めたことばです)と命名できるようになったのです。

 今朝のニュースにこんなことが出ていました。「七日間の戦争」というアニメの原作者である 宗田 理 氏がおっしゃった言葉に「最近の子どもは消極的すぎる」と。これから長い人生を生きていかなければならない子どもたちが、こんなことではダメとでもおっしゃりたいのだと受け止めました。

私も子どもたちにはもっと積極的な生き方をしてほしいと思います。しかし、見誤ってはいけないのは、積極性というのは内面に育つものであります。うちの子は元気に育っているので大丈夫とおっしゃる方もあるでしょうが、元気だからと言って積極性があるとは言えません。 その内面に育てなければならないもの等々を含めて、先に申しました「意の保育」の中身について次号でお話ししたいと思います。 南無阿弥陀佛(輪番)

12月の一言
「好奇心」
霊長類といいますが、生物学的観点から見れば、サルも人も同じ種に属すると言われています…。
▶全文を表示する

1月の一言
「人も草木も虫も同じものは一つもないおなじでなくてみな光る」
自然界のすべての生あるものは、精いっぱいその「いのち」を生きています。それぞれの「いのち」を生きています…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

次回開催予定 2月28日(金)午後1時半より

教如上人御命日・同朋会

生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

茨木別院創建の教如上人の御命日を機縁とし同朋会を開いています。
人の身を受けた意義とはなんでしょうか。
人生の本当の喜びとはなんでしょうか。
宗祖親鸞聖人が顕かにされた本願念仏のみ教えに、宗祖に連なりみ教えを大切に頂かれた蓮如上人をはじめとする先人先達のお言葉に、共に訪ね聞いていきましょう。
どなたでも参加いただけます。
有縁の方々のご来院をお待ちしております。
【参加無料】

■日 程:毎月5日・午後1時30分から午後3時ごろまで(予定)
     ※1月5日は休会
■ところ:茨木別院会館1階仏間
■持ち物:念 珠・『真宗大谷派勤行集(赤本)』お持ちでない方には貸出しいたします。
■講 師:加藤 恵 氏(茨木市・教圓寺住職)

次回開催予定 2月5日(水)午後1時半より

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
2020年度の
練習予定日
1月 お休み
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月11日(月)
6月8日(月)
7月13日(月)
8月 お休み
9月14日(月)
10月12日(月)
11月9日(月)・15日(日) 報恩講
12月14日(月)

このページのトップへ