1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

新年

新年あけましておめでとうございます。令和二年はコロナ禍に振り回された一年でした。何かしら締りのつかない年を終え、迎えた令和三年は何かしら不安が覆い、新年の期待や希望の全てをコロナワクチンに持っていかれてしまったような新年であるように思えてなりません。

さて、新年を迎えるにあたって思い当たるのは、蓮如上人の「道徳はいくつになるぞ、道徳、念仏もうさるべし」のお言葉です。 これは蓮如上人が晩年、山科本願寺で隠居の身であられた時の正月のことです。勸修寺の道徳(蓮如上人のお弟子さん)が新年の挨拶に参上した時の蓮如上人の第一声でした。おそらく道徳は○○歳になりましたと答えたでありましょう。しかし蓮如上人にとっては、本当は歳をたずねているのではないぞ! という思いであったようです。そのことは次におっしゃったことば、「道徳、念仏もうさるべし」がそのことを如実に言い表しています。道徳よ、その歳になって「後生の一大事」は定まったのか! ということが言いたかったのでありましょう。この問答を受けて、念仏に生かされる人生、念仏によって力強く生きていく人生の大事を再確認したいと思います。

NHKの報道番組にこんなことが紹介されていました。シングルマザーで四人の子どもを抱えて生きていらっしゃる方が、コロナ禍で仕事が切られてしまい生活苦のどん底に追い込まれているということでありました。何度も何度もハローワークに出向いて職さがしをされるのですが全く成立せず、唯一紹介されたアルバイトが、深夜から翌朝五時までの仕事であった。家族と相談した結果、そんな深夜の仕事を続けて、お母さんが倒れでもしたら元も子もない。そういう結論になって選択された道が、高校生である長女のお姉ちゃんがアルバイトをするということになったそうです。高校生のアルバイトだけで五人の家族が生活することは不可能です。誠に悲惨な状況であります。

世の中にはコロナ禍でこのような例は万とあるにちがいありません。そのような方々にとって「念仏もうさるべし」はどう響くのでありましょうか。今のこの生活から抜け出す手段にならない(つまり念仏ではお金が入ってこない)のならば何の意味も興味もありませんという答えが返ってくるに違いありません。確かに念仏を申したからと言って直接的にお金が入ってきたり儲かったりすることはないのですから。

さて、念仏の教えは究極的には「力強く生きていく力」が与えられることでありますから、まさにこのような苦境のどん底にある家族に届いていれば、生きていくためのお金は算段しなくてはならないにしても、もし先もって教えに出合っていたら、与えられた「力強く生きていく力」によって、この苦境の難関を突破していくことが出来るのではないかと思います。人生で苦境に陥って、その難関を突破しなければならないのは、この家族のみならず私たち全ての者の背負いものです。ならばこそ「念仏もうさるべし」と蓮如上人が力強くおっしゃる言葉の意味を深く受け止めねばならないと思うのです。 南無阿弥陀佛(輪番)

11月の一言
新型コロナウイルスの猛威
今年も報恩講の時期がやってまいりました。報恩講は真宗門徒にとって何よりも大切な御仏事とされてきました…。
▶全文を表示する

12月の一言
子どもにとっての「あそび」と「居場所」
先日行われました学園の作品展をご覧いただいたことと思います。いかがでしたでしょうか…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

次回予定 2021年1月28日(木)の婦人会は休会いたします。

毎月28日の親鸞聖人の御命日に茨木別院会館を会場として婦人会を開催しています。
茨木別院輪番が講師としてお話しています。
毎月異なるテーマでお話していますので途中からでも気軽にご参加いただけます。
みなさんのご参加お待ちしております。

教如上人御命日・同朋会

生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

茨木別院創建の教如上人の御命日を機縁とし同朋会を開いています。
人の身を受けた意義とはなんでしょうか。
人生の本当の喜びとはなんでしょうか。
宗祖親鸞聖人が顕かにされた本願念仏のみ教えに、宗祖に連なりみ教えを大切に頂かれた蓮如上人をはじめとする先人先達のお言葉に、共に訪ね聞いていきましょう。
どなたでも参加いただけます。
有縁の方々のご来院をお待ちしております。
【参加無料】

■日 程:毎月5日・午後1時30分から午後3時ごろまで(予定)
     ※1月5日は休会
■ところ:茨木別院会館1階仏間
■持ち物:念 珠・『真宗大谷派勤行集(赤本)』お持ちでない方には貸出しいたします。
■講 師:加藤 恵 氏(茨木市・教圓寺住職)

次回予定 2021年2月5日(金)の同朋会は休会いたします。

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
2020年度の
練習予定日
1月 お休み
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月11日(月)
6月~9月 お休み
10月12日(月)
11月9日(月)・15日(日) 報恩講
12月14日(月)

このページのトップへ