1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

子どもにとっての「あそび」と「居場所」

 子どもにとって「あそび」は、自分の意欲を満足させるものです。「今日は何をしてあそぼうかな」「〇〇ちゃんとあそびたいな」「あしたもここであそぼうね」。そのような、子どもの「あそび」を通しての満足は、安心や自信につながり、さらに新たな意欲を湧き起こします。「あそび」を通して体を動かし、試行錯誤することによって、人として生きる力が育ち、心身の成長へとつながっていくのです。

 子どもにとっての「あそび」は、「人間のはからいを超えた行為」と言う先生もいます。つまり、大人の価値観を刷り込ませるような教育で子どもが育つのではなく、子どもたちの主体的な「あそび」を通し、自分自身に満足し、本来持っている意欲や信頼といった生きる力が育つのです。それは人間の根っことなる力と言えます。木は、根っこが強く深く育たなければ、大輪の花や実をつけることはできません。それと同じで、目に見えない根っことなる力が育つことによって、子どもたちの健康的で豊かな心身が育つのです。

 ただし、そのような生きる力は勝手に育つのではなく、信頼できる人との関係性やその環境の中で育てられていきます。子どもが不安や困難をかかえた時、それを大人が取り除くことは大切かも擦れません。しかし、それが子どもの育ちにつながるかどうかは、大人がよく考えるべきだと思います。むしろ、子どもが不安や困難を抱えた時に、傍に寄り添い話を聞き、一緒に考えその困難を乗り越えていくことが、子どもにとって豊かな経験になり、力になるのではないでしょうか。

 子どもの抱える問題に詳しい専門家によると、「子どもの育ちに必要なのは、一緒に苦労してくれる重要な他者と失敗できる居場所」だと言われます。大人が子どもの成長や成功への道筋を作るのではなく、生きていく困難の中で一緒にじたばた苦労すること。そして失敗できる居場所、子どもそのままを認め合える関係性を作ることではないでしょうか。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         南無阿弥陀佛(輪番)

9月の一言
新型コロナウイルスの猛威
三月以来、新型コロナウイルスの猛威はやむことがなく、その間、日本の社会はウイルスに翻弄されてきました…。
▶全文を表示する

8月の一言
どうしてもわかりたい意欲
「パンダは何を食べるの?」という子どもの質問には、ほとんどの親は知っているので、正しい答えをしてあげられます…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

次回予定 10月・11月の婦人会は休会いたします。

毎月28日の親鸞聖人の御命日に茨木別院会館を会場として婦人会を開催しています。
茨木別院輪番が講師としてお話しています。
毎月異なるテーマでお話していますので途中からでも気軽にご参加いただけます。
みなさんのご参加お待ちしております。

教如上人御命日・同朋会

生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

茨木別院創建の教如上人の御命日を機縁とし同朋会を開いています。
人の身を受けた意義とはなんでしょうか。
人生の本当の喜びとはなんでしょうか。
宗祖親鸞聖人が顕かにされた本願念仏のみ教えに、宗祖に連なりみ教えを大切に頂かれた蓮如上人をはじめとする先人先達のお言葉に、共に訪ね聞いていきましょう。
どなたでも参加いただけます。
有縁の方々のご来院をお待ちしております。
【参加無料】

■日 程:毎月5日・午後1時30分から午後3時ごろまで(予定)
     ※1月5日は休会
■ところ:茨木別院会館1階仏間
■持ち物:念 珠・『真宗大谷派勤行集(赤本)』お持ちでない方には貸出しいたします。
■講 師:加藤 恵 氏(茨木市・教圓寺住職)

次回予定 11月・12月の同朋会は休会いたします。

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
2020年度の
練習予定日
1月 お休み
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月11日(月)
6月~9月 お休み
10月12日(月)
11月9日(月)・15日(日) 報恩講
12月14日(月)

このページのトップへ