1. トップページ
  2. 教えるに触れる

教えに触れる

輪番の一言

いのち

 「いのち」を大切にするということは、真宗大谷派だけでなく、あらゆる仏教教団及びその他の社会団体等で盛んに言われ大切にされています。わが大谷派では先の親鸞聖人七五〇回御遠忌法要のテーマとして、「今、いのちがあなたを生きている」が定められました。当初はかなり難解なテーマが出てきたなと正直思いました。後になって「いのち」の本当の意味が分かっていなかったと反省したことでした。

 ある機会に「いのち」はこの私を生かそう 〱 としてくれているものだと教えていただきました。つまり「いのち」とは姿・形のないもので、実体的にとらえることができません。これが難解の理由なのでしょう。「いのち」はそれに支えられ生かされている実感を得た時、わたくしのところに「いのち」として姿をあらわすのでしょう。 こんな文章にであいました。

『おにぎりがこんなにおいしいなんて』(「悲しむ力」 中下大樹 著)
 『「避難先に炊き出しにいったときのことです。炊き出しを終え、後片付けをしているときに、ある女性が話しかけてきました。 「私は子どもを失いました。家も流されました。これからどうやって生きていこうか途方に暮れています。でもね、絶望の中でもおなかがすくんですよ。おにぎりがこんなにおいしいなんて気がつかなかった」  人は悲しいとき、つらいとき、腹が立つとき、食欲すら失ってしまうことがあります。情けない話ですが、私は被災地に出向いた後にうつ状態になり、都内に戻ってからもしばらく食欲がありませんでした。

 では、子どもも家も失ったのに「おにぎりがおいしい」と言えるこの女性は、十分に悲しんでいないのでしょうか?もちろんそうではありません。大切なわが子を失い、家も流されてしまって、悲しくないはずがありません。しかし、生きる気力すら失いかけていても、「いのち」のほうから「生きてください」と呼び掛けてくる時があるのです。 「おなかがすいた」「おにぎりがほしい」  これは、彼女に対する、「いのち」からの呼びかけです。悲しみや苦しみ、いかりなど、私たちの感情とは別のところで、「いのち」が彼女に「いきてほしい」と願っているのです。絶望的な状況の中で語りかける「いのち」の力に、私は感動しました。』という文章です。

 念仏も同様だと思います。まさに姿・形のないものです。しかし念仏すなわち弥陀のご本願によって生かされ、ご本願のはたらきによって、力づよく生きていけるという、その尊さに感動したものだけに、その姿・形がいかにも実体的にあるかのごとき体感をおぼえるものだと思うのです。 南無阿弥陀佛(輪番)

2月の一言
「意」の保育
今から30年も前のことになりますが、幼児教育・保育の研究者であります樋口正春先生のドイツ幼児教育研修旅行に参加する機会に恵まれました…。
▶全文を表示する

3月の一言
「意」の保育(前号からのつづき)
前号で私が提唱する「意の保育」について、ドイツの研修で学び取ってきたことをお話しいたしました…。
▶全文を表示する

親鸞聖人御命日・婦人会例会

 3月の婦人会はコロナウイルス感染防止のため休会いたします。

教如上人御命日・同朋会

生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

茨木別院創建の教如上人の御命日を機縁とし同朋会を開いています。
人の身を受けた意義とはなんでしょうか。
人生の本当の喜びとはなんでしょうか。
宗祖親鸞聖人が顕かにされた本願念仏のみ教えに、宗祖に連なりみ教えを大切に頂かれた蓮如上人をはじめとする先人先達のお言葉に、共に訪ね聞いていきましょう。
どなたでも参加いただけます。
有縁の方々のご来院をお待ちしております。
【参加無料】

■日 程:毎月5日・午後1時30分から午後3時ごろまで(予定)
     ※1月5日は休会
■ところ:茨木別院会館1階仏間
■持ち物:念 珠・『真宗大谷派勤行集(赤本)』お持ちでない方には貸出しいたします。
■講 師:加藤 恵 氏(茨木市・教圓寺住職)

次回開催予定 4月の同朋会はコロナウイルス感染予防のため休会いたします。

みほとけの歌の会

“みほとけの歌の会は、茨木別院の本堂並びに会館を練習場所にお借りして皆様と真宗の教えに触れながら、唱歌や仏教讃歌に歌謡曲など色々な歌に挑戦し、北端盛子先生と共に楽しく練習しています。
またみほとけの歌の会の会員には、ご門徒様だけでなく一般の方々にも広く呼びかけて、参加いただいております。
是非お友達をお誘いの上、気軽にご参加下さいますようお願いします。
興味をお持ちの方は一度見学にいらしてください、大歓迎です。“

※毎年報恩講の音楽法要で合唱しております、ご一緒に歌いましょう。
お問い合わせ先 茨木別院 TEL:072-622-2903
練習は毎月第2月曜日の午後1時半より2時間(1月はお休み)
会費(4月~9月) ¥5,000
会費(10月~3月) ¥5,000(懇志含み)
2020年度の
練習予定日
1月 お休み
2月10日(月)
3月16日(月)
4月13日(月)
5月11日(月)
6月8日(月)
7月13日(月)
8月 お休み
9月14日(月)
10月12日(月)
11月9日(月)・15日(日) 報恩講
12月14日(月)

このページのトップへ